2010年12月22日

「血圧が高い」とお悩みの方の食事療法

高血圧というのは、血圧が高いという症状で、最高値が140mmHg以上、最低値が90mmHg以上であれば該当します。
高血圧になると「脳卒中」「心筋梗塞」「動脈硬化」「腎不全」「眼底出血」
の原因になり死にいたる危険性もあります。

〜薬の危険性〜
合併症を避けるため、高血圧の患者は薬で血圧を下げています。
しかし血圧を下げる薬には少なからず副作用があるのです。
頭痛・めまい・発疹・咳・関節炎・性欲減退・性的不能などの副作用があります。
さらに近年では脳にまでダメージを与え早くから認知症になっってしまったり
白内障や緑内障などの目の病気にまでの副作用の指摘や報告があるのです。

血圧を下げる降圧剤には副作用のリスクがあるのです。





〜高血圧の改善の為には食生活〜
「血圧を下げるために、薬を飲む必要はない」。
著書『血圧心配症ですよ!』(本の泉社刊)の松本光正医師が言ってます。
高血圧の改善と予防には生活習慣の改善が一番大切なのです
食事療法が高血圧を改善する一番の近道といえます。
正しい食事療法は血圧を下げるだけでなく、糖尿病などの成人病の予防にも効果
があります。

たった3日で血圧を下げる食事療法があるので紹介します

30年間にわたり、高血圧や糖尿病をはじめとする生活習慣病やガンと食事の関係について
研究と活動を行なってきた「日本食養の会」会長の藤城先生の食事療法です。





その効果の方は250/135mmHgだった血圧が135/85mmHgまで3日で下げるなど
年間100人以上が実践し血圧を大きく下げているのです。
もちろん薬を使わずきつい運動も必要としません。
普段の食生活を改めるだけで健康な身体を手に入れることができるのです


▼高血圧を改善する食事法はこちら▼




posted by みゆき at 19:27| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。